ノートPC+外部モニター【 回転編】

HOME>映像メディアを活用しよう目次ノートPC+外部モニター【回転編】

1.モニターの「90°回転機能」/2. 縦表示で使うメリット/3.縦向き表示こそデュアルモニターで

2005/12/24
このノートPC+外部モニター【回転編】では,知る人ぞ知る,たいへん便利な回転技を紹介します。とても便利で快適ですよ。
1.モニターの「90°回転機能」
「ノートPC+外部モニター」のコーナーで紹介してきた筆者の外部モニターは,実は画面を90°回転させて使うことができる機能を備えています。この「90°回転機能」のことを「PIVOT=ピボット機能」と呼んだりします。

通常のタイプに比べるとやや価格が高めですが,最近では液晶モニターの低価格化が進んできたこともあって,購入しやすくなっています。
何より,使ってみてその便利さを実感すると,もはや通常のモニターには戻れないほど!?左の写真は職場の机上のモニター(中古で購入,17インチ)ですが,自宅では20インチのモニターを使っています。これも回転機能を備えているもので,画面解像度は最大で1600×1200ピクセル(=UXGA)です。

ちなみに,画面を物理的に回転させても,表示自体は横向きのまま。画面表示も縦向きに対応させるためには,専用のソフトウェアを使う必要があります。回転機能を備えたモニターなら,最初からソフトウェアが添付されているものがほとんどだと思います。筆者はソフトウェアなしの状態で中古品を購入したため,別途PIVOTソフトを購入しました。確か4000円程度だったと思います。 フリーウェア(無料で使用できるソフトウェア)がインターネット上で公開されていないかと思い,ずいぶんさがしたのですが,見つけることができませんでした。
2.縦表示で使うメリット
さて90°回転させて,縦向きの画面表示で使うと,どのようなメリットがあるのでしょうか。
それはもちろん縦長の内容を表示する一覧性にすぐれていること。当たり前のことですが,その効果はなかなか大きいのです。
例えばWebサイトの閲覧の場合,ページによっては右のとおり,ほとんどスクロールをしなくても,ページ全体を見渡すことができます。
その他にも,表計算ソフトを扱ったり,チラシのデザイン(いわゆるDTP=デスクトップ・パブリッシング)に取り組む際にも,一覧性が高いため,全体を見渡しながら作業を進めることができます。

特に私たち美術科の教員は,プリント類をデザインする機会も多いと思います。縦向き表示の利便性と快適さは,私たちの強い味方となってくれることでしょう。
 

 

■表計算ソフトのシート   ■チラシやプリントのデザインなど
 
3. 縦向き表示こそデュアルモニターで
この画面の90°回転機能は,ノートPC+外部モニターというデュアルモニターの状態で使用しても,それぞれ独立して指定することが可能です。
つまりノートPCの液晶画面は通常表示で,外部モニターの側は90°回転させた縦向き表示で使うということが簡単に指定できます。

使用するソフトウェアによっても異なると思いますが,筆者の使用しているソフトの場合,次のように指定します。
 【画面回転の指定方法】
(1) ノートPCと外部モニターの両方に表示できるようにしておく。
(2) 画面回転を指定したいモニターへマウスカーソルを移動させる。
(3) ショートカットキー([Shift]+[Ctrl]+[9])を同時に押す。すると90°反時計回りに回転して表示される。 たったこれだけです。

標準の向きに戻したい時には,ショートカットキー([Shift]+[Ctrl]+[0])を同時に押します。

上の写真は,外部モニターを縦表示にしてリーフレットのデザインをしているところ。ノートPCは通常表示のままで,リーフレットの素材となる画像を加工しているところです。

このページのトップ
Copyright 2004 Kazuhiro Hitomi. All Rights Reserved.